薬物に手をだすと…

薬物には、薬が切れた時に生じる不快感に耐えられなくなり、続けて使わないと
いけなくなる「依存性」と、繰り返し使っているうちに同じ量では効かなくなっていく「耐性」があります。
薬物をやめたくてもやめられなくなり、薬物によって、
大切な人生や未来が壊れてしまいます。

薬物の急性中毒により、たった一度の使用でも命を落とすこともあります。

身心への影響

薬物を乱用すると、身体や脳の大切な部分が壊れてしまいます。
一度ダメージを受けた脳は二度と元の状態には戻りません。
また、乱用薬物は依存性が強く、薬物依存症になると自分の意志だけではやめることが難しくなります。
その他、子どもの先天異常など、妊娠や出産へ悪影響を及ぼしたり、注射の使い回しによりエイズや肝炎などを発症することもあります。

自分の将来や家族への影響

薬物の所持や使用などは法律で厳しく規制されています。
したがって、薬物を持っていたり、使ったりすると処罰されることもあります。
そうなると、住んでいた地域に住みづらくなったりするほか、就職が困難になったり、仕事を失うなど、大きな代償を払わなくてはいけません。
また、刑務所に入れられることもあり、例えば覚醒剤を持っていた場合、10年以下の懲役に処せられることがあります。
自分の将来だけでなく、家族への影響なども考えると薬物の乱用には何もいいことはありません。

社会への影響

薬物乱用は、人の精神に大きな影響を及ぼし、自分で感情のコントロールができなくなります。
依存状態になると、生活の優先順位が大きく変化し、家族や自分の健康、将来の夢よりも薬物を優先するようになって、さまざまなトラブルを起こしてしまいます。薬物を手に入れるために窃盗、強盗、売春、殺人などの犯罪を引き起こすこともあり、家庭や社会へ悪影響を及ぼします。
また、薬物乱用による妄想、幻覚が殺人や放火等の凶悪犯罪や交通事故を引き起こすこともあります。