乱用薬物の種類

薬は使い方が正しければ、人間にとって、とても役に立つものです。
しかし、薬を医療目的以外に使ったり、医療目的にない薬を不正に使ったりすることを薬物乱用といいます。
たとえ、1回だけの使用でも乱用です。

乱用薬物には、粉末、液体、錠剤などのように、さまざまな形のものがあります。
脳に与える影響によって、大きく三つのタイプに分けられます。

1.脳を興奮させるタイプ

覚醒剤
・覚醒剤
別名:「スピード」「エス」「アイス」「やせ薬」
日本で最も多く出回っている薬物で、中毒性や依存性が強く、非常に危険。

写真提供:九州厚生局麻薬取締部

コカイン
・コカイン
別名:「スノー」「コーク」「シー」
南米原産のコカの葉から作られ、ほんの少しでもとても強い作用を持つ恐ろしい薬物。

写真提供:九州厚生局麻薬取締部

MDMA
・MDMA
別名:「エクスタシー」「バツ」
カラフルな錠剤が出回っており、一見カラフルでかわいい見た目だが、覚醒剤と同じくらい危険な薬物。

写真提供:九州厚生局麻薬取締部

2.脳を麻痺させるタイプ

ヘロイン(あへん系麻薬)
・ヘロイン(あへん系麻薬)
モルヒネから作られるが、毒性はモルヒネのおよそ10倍もあるという大変危険な薬物。
依存性が極めて強く、禁断症状を起こすと激痛を引き起こす。

写真提供:九州厚生局麻薬取締部

向精神薬
・向精神薬
精神安定剤や睡眠薬などのこと。依存性があるため、乱用すると自らの意志でやめることが困難となる。医師の指示に従って正しく使うのは問題ないが、他人への譲渡は規制されている。

写真提供:九州厚生局麻薬取締部

シンナー
・シンナー
別名:「アンパン」「純トロ」
塗料を薄めて塗りやすくする溶剤だが、吸引等を目的とした使用は規制されている。
乱用すると歯や脳が溶けてしまい、一度溶けてしまったら二度と戻らない。

3.幻覚作用があるタイプ

大麻
・大麻
別名:「マリファナ」「グラス」「チョコ」「ハッパ」
麻を原料とする薬物で、乾燥させたもの、樹脂を固めたもの、液状のものなどがある。
幻覚や妄想などの精神症状が大麻を使用しないときにも現れることがある。

写真提供:九州厚生局麻薬取締部

LSD
・LSD
少しの量で長時間の幻覚作用をおよぼす極めて危険な薬物。
使い続けるとパニックになったり、疑い深くなったり、感情が大きく変化する。

写真提供:九州厚生局麻薬取締部

※危険ドラッグ

危険ドラッグ
麻薬や覚醒剤などと類似した化学物質を含み、それらと同等以上に危険な薬物。
どんな成分がどれくらい入っているかわからないため、どのような作用を及ぼすか全く分からず、大変危険なもの。死亡例も多数発生している。